ku_PC用メインイメージ_02-01

Top > 白い天敵#02

kk47

ku_02-01

 

kuトップ_03-01

通常、バッグの内側の革調の素材は合成皮革です。しかし、合皮は革や布にくらべ圧倒的に耐用年数が短く、使用条件や保管条件によりますがその寿命は製造されてから3年前後といわれています。時間の経過とともに劣化が進み遂には剥がれやべたつきを引き起こすのです。

 

 

ku_sagyou_05_01-01

 

写真は劣化したバッグの内側。白っぽくなったりべたべたしたり剥がれてきたりしています。白っぽくなっている場合などは一見カビにみえますが実際は素材である合成皮革の劣化によるものなのです。

 

 

ku_sagyou_05_02-01

 

カビの場合はクリーニングの出番ですが、素材自体が劣化した場合は修理の出番です。劣化した内側を交換する内張り交換という修理を施すことで直すことができます。

 

 

ku_sagyou_05_03-01

 

図のように一度バッグをばらして劣化した内張りを取り去ったあと、新しい布で内張りを作り直し再び元のように組み立てていきます。

 

 

kuトップ_04-01

ku_jirei_01ku_jirei_02ku_jirei_08ku_jirei_05

 

kuトップ_05-01

 

ku_次回予告_02-01

 

 

conversion