Top > 染め直し

修理

修理(リペア)について

カラーリペアとは色の補正をする作業

革のバッグのみの専門メニューです。
バッグの四隅が擦れて色が取れてしまった部分への色入れ、色あせてしまったバッグの色戻し、 違う色への染め替え、などを行なっております。
また、ちょっとしたキズや、革についたシミもカラーリペアで補正をすることで、きれいに直すことができます。

1.素材を選別します。

クリーニングと同様に入念に汚れを落とします。

色ののりを良くするために、クリーニングと同様に下準備で入念にバッグの汚れを落としていきます。

クリーニング

2.修理を施します。

色の調合

クリーニングの作業を終えた後は、色の調合を開始します。
お客様のご希望に沿うように、職人が長い経験を活かして色を調合していきます。

3.不具合がないかをチェックします。

いよいよ色入れの作業です。

バッグのデザインや素材に応じて使用する染料や顔料を選別し、塗っていきます。
カラーリペアでは塗る方法もとても高度な技術が必要となります。一度に厚塗りしてしまうと顔料が割れてしまうため、薄く何層かに重ねて色を入れ、乾かすという作業をひたすら繰り返します。

こうすることで、自然な美しさを取り戻すことが可能となるのです。

4.修理完了です。

最後のしあげ

最後の仕上げには、保革効果のあるクリームをよくなじませて磨きをかけ、バッグにツヤを出します。革も乾燥しすぎるとひび割れを起こしたりとダメージをうけてしまいます。よって保革クリームを塗りこむことにより、適度な潤いを保つ事ができ、同時にバッグを保護する役目を果たします。

4.修理完了です。

もと通りそれ以上

染め直し完了です。
丁寧に梱包し、
お客様の元へ発送させていただきます。