Top > ビフォーアフター集 > CHANEL(シャネル)の革のポーチの内側合皮の張り替え修理

ビフォアーアフター集

repair

img_uchibari_16_b_02
img_uchibari_16_a_02
img_uchibari_16_b_02
img_uchibari_16_b_02
img_uchibari_16_a_02

広告

CHANEL(シャネル)の革のポーチの内側合皮の張り替え修理

before写真はCHANEL(シャネル)のポーチ。

内側が劣化してボロボロになっています。

通常バッグ等の内側に使われている革調の素材は合皮ですので経年劣化してしまい写真のようにぼろぼろになってしまいます。

ハイブランドのバッグでも内側の素材は合皮を使用している例が多くご依頼品のポーチも内側は合皮を使用しています。

この場合、内側の合皮を張り替えるという方法でしか修理することはできません。
今回の修理はポーチ内側の張り替え修理です。

 

バッグレットでは内張り交換の素材を2種類ご用意致しており、1つは布地、もう1つは本革です。
どちらも合皮のようにすぐに劣化することはございませんので安心してご利用頂けます。
また、お色の種類も多数取り揃えておりますので、敢えて全く違う色にするといったことも可能です。

 

お客様にご確認致しました所、今回のご依頼品は布地での張り替え、色は元々の内張りになるべく近い色をとのことでしたのでなるべく色味の近いグレー調の布地で張り替えさせていただいております。

ご依頼品の場合は内側の合皮部分に直接ブランドロゴをプリントしているため張替え修理をするとロゴが無くなってしまいますのでご了解いただいての作業となります。

 

また、シリアルナンバーをまた取り付けて欲しいというお客様のご要望によりシリアルナンバーの部分をカットして新しく張り替えた布地に縫い付けています。

 

バッグレットではご要望があれば出来る限りご希望に沿うような修理を心がけています。

出来ない場合もありますのでご要望があればお気軽にお問合せください。

 

 

ライン01

 

参考価格:ポーチの内張り交換 ¥9,720(税込)〜 納期:4週間前後

※デザインや大きさ、素材によって料金は変わります。

◆お見積りは無料ですので下のリンクよりお気軽にご相談ください。

 

スマホの方はこちらから▼

モバイル見積もり05-01

PC、携帯電話の方はこちらから▼

モバイル見積もり06-01

 

送料無料のカタログ請求はこちらから▼

無料カタログ

 

ブランド別特集-ルイ・ヴィトン-バッグ特集はこちらから▼

事例に差し込むバナー_LVバッグ-01

 

ブランド別特集-ルイ・ヴィトン-お財布特集はこちらから▼

LV_財布_事例用バナー01

ライン3