Top > ビフォーアフター集 > CHANEL(シャネル)の革バッグの四隅の破れのパイピング修理

ビフォアーアフター集

repair

img_piping_07_b_02
img_piping_07_a_02
img_piping_07_b_02
img_piping_07_b_02
img_piping_07_a_02

広告

CHANEL(シャネル)の革バッグの四隅の破れのパイピング修理

before写真はCHANEL(シャネル)のバッグ。

角の部分の革が破れ芯が見えている状態です。
バッグの縁の部分はどうしても傷みやすい箇所。
破れた部分を修理できないかというお客様のご要望です。
今回の修理はバッグのパイピングの巻き替え修理です。

※ご依頼品は色の染め直しの修理も行っております。

 

ご依頼品のバッグはふちの部分に芯が入っておりその芯を革で巻いてあります。
この縁の部分をパイピングと呼び、バッグレットでは縁の部分に補修を施す事をパイピング補修と呼んでいます。

 

補修の内容としては、芯に巻いてある革が破れて中の芯が見えてしまっているため破れた革を新しい革で再び巻き替えます。
バッグに使用されている革と全く同じ革は手に入れることはできませんので色味等が近い感じの革を使用しての修理となります。

 

部分的な巻き替え修理も出来ますがご依頼品は四隅が全て傷んでいましたので底の部分の1周のパイピングの革の巻き替えを行っています。
※部分的な修理の場合は途中から継ぐため、切り返しがでるのですがご了解いただいての作業です。
ご依頼品は黒いバッグですので黒い革を使用し自然な感じできれいに補修することができました。

 

 

ライン01

 

参考価格:パイピングの修理 ¥6,480(税込)〜 納期:3週間〜4週間前後

※デザインや範囲によって料金は変わります。

◆お見積りは無料ですので下のリンクよりお気軽にご相談ください。

 

スマホの方はこちらから▼

モバイル見積もり05-01

PC、携帯電話の方はこちらから▼

モバイル見積もり06-01

 

送料無料のカタログ請求はこちらから▼

無料カタログ

 

ブランド別特集-ルイ・ヴィトン-バッグ特集はこちらから▼

事例に差し込むバナー_LVバッグ-01

 

ブランド別特集-ルイ・ヴィトン-お財布特集はこちらから▼

LV_財布_事例用バナー01

ライン3