Top > ビフォーアフター集 > 革あて補修S/1カ所

ビフォアーアフター集

repair

img_kawa_11_b_02
img_kawa_11_a_02
img_kawa_11_b_02
img_kawa_11_b_02
img_kawa_11_a_02

広告

革あて補修S/1カ所

革あて補修S/1カ所 ¥5,400(税込)納期:3週間 before写真のバッグはルイヴィトンのモノグラム、エリプスのバッグ。取っ手の根元が切れてしまっています。 取っ手の根元部分は負荷がかかりやすく傷みやすい部分。 この切れた部分をつないでほしいというご要望でした。 今回のご依頼はバッグの切れた取っ手の補修です。 before写真を見ると切れているのは取っ手の先の方だけです。 取っ手自体を作り替えることもできますが今回は切れた部分の補修で修理を承りました。 手順といたしましては取っ手の根元の切れている部分をカット。 カットした部分に新しい革を接着します。 その際なるべくつなぎ目が自然に見えるよう革の先端部分を梳いて接着、縫いを施しております。 また、ルイヴィトンの製品に付いている革は通常ヌメ革という革を使用しています。 このバッグに使われている革もヌメ革です。 ヌメ革とはタンニンという植物から抽出される成分を用いてなめした染色や塗装されていない革のことをいいます。 使う程に馴染んで飴色になっていく風合いが魅力の革です。 修理する際も当然このヌメ革を使用して修理させて頂く事になります。 しかしこのヌメ革、最初は薄いベージュ色をしているのですが、前述した通り使う程に色が変わってきます。 バッグレットではルイヴィトンやコーチ等のヌメ革を使用した製品の修理用にヌメ革を日で灼いて色味を深くしたものをご用意しておりますので、全くおなじ色味とはいきませんがなるべく違和感なく仕上げさせて頂いております。