Top > ビフォーアフター集 > 内張り交換/バッグ

ビフォアーアフター集

repair

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE

広告

内張り交換/バッグ

内張り交換/バッグ
¥19,440(税込)〜  納期:1ヶ月

before写真のバッグはルイヴィトン、モノグラムのバケツ型のバッグです。
before写真を見るとバッグの内側が所々剥がれています。
また、写真では分かりませんがバッグの内側はべたべたしています。
この剥がれやべたつきをどうにかしてほしいというお客様のご要望です。
今回の修理はバッグの内側の修理です。

内側の剥がれやべたつきは素材の劣化が原因です。
通常、バッグの内側に使用されている革調の素材の多くは合成皮革です。
一般的には縮めて合皮とよばれます。
ブランドのバッグでも内側の素材は合皮を使用している例が多くご依頼品のバッグも内側は合皮を使用しています。

しかし、合皮は革や布にくらべ圧倒的に耐用年数が短く、使用条件や保管条件によりますがその寿命は製造されてから3年前後といわれています。
時間の経過とともに劣化が進み遂には剥がれやべたつきを引き起こすのです。
そうなってしまうと素材自体の復元は不可能なため交換するという方法以外に修理することは出来ません。

よって、今回はバッグの内側の合皮を取って新しく内側を張り替える、内張り交換という修理をお勧めさせて頂きました。

バッグレットでは内張り交換の素材を2種類ご用意致しており、1つは布地、もう1つは本革です。
どちらも合皮のようにすぐに劣化することはございませんので安心してご利用頂けます。
また、お色の種類も多数取り揃えておりますので、敢えて全く違う色にするといったことも可能です。

お客様にご確認致しました所、今回のご依頼品は素材は革、元々の内張りと同じ様な色と形で作成してほしいとのことでしたので、同じ形に作成して交換いたしております。
その際は、after写真のように合皮以外の革やファスナーなどのパーツは元々ついている純正の品を使用し元の形を再現いたします。

バッグレットでは基本的には元々のものと同じ様に作成し、交換いたしておりますがご要望がございましたらポケットを増やしたり減らしたりなどのカスタマイズも承っています。
ポケットの数や使用する素材により料金も変わってきますのでお気軽にご相談下さいね。